みやものつぶやき

みやものつぶやき · 2019/03/23
終活とは 人生のエンディングを考えることを通じて自分を見つめ、今をよりよく、自分らしく生きる活動 「終わる」の終と「活動」の活と書いて「終活」 私はエンディングノートを毎年誕生日に書き直していますが、書きながら人生の棚卸しをしています。 そして、暇さえあれば、断捨離しています。好きなんです、整理整頓。モノを片付けるとこころも整理できるんです。視覚から入っていくタイプなんですね。 終活カウンセラー勉強会に参加しました。 一番響いた言葉 『モノからコトが動くんです』 いつでも、どこでも、誰にでも の時代は終わった。 今だけ、ここだけ、あなたでけ の現代です。 モノを買って満足から、自分がしたいことをして時間を使ったコトで満足する時代。
みやものつぶやき · 2019/03/12
こころの健康づくり講演会に行って来ました。 「生きづらさを生き抜く」このタイトルに惹かれました。講師は 雨宮処凛 氏。主催は石川県・かけがえのない命をまもるネットワークいしかわ。共催は石川県精神保健福祉協会。 雨宮処凛 氏は作家です。『「女子」という呪い』を読んでいっぺんに彼女のファンになりました。 3月は自殺対策強化月間です。自殺者数は減ってきているとはいえ、日本はまだまだ自殺大国といえます。15歳から39歳の死因の第1位は自殺です。この状況は依然変わってないのです。 この講演を聞いて私は衝撃を受けました。そして、とことん「生きづらさ」について考えてみました。向き 合ってみました。
みやものつぶやき · 2018/11/06
「疲れた~」って言ったらいけない。なんて、だれが決めたんでしょうか。私は言っていいと思うんですけど。 弱音をはかないのが美徳なの? 心のままに、ありのままに、 そうあっていいと、私は思います。
みやものつぶやき · 2018/11/05
目に見えない心を扱う仕事をしていますが、 目に見える結果をお返しするのが仕事だと私は思っています。 信頼されるから仕事がやってきます。私はそう思うのです。 あくまで資格は信用であって、それがベースとなっているとは思っていますが。 プロフェッショナル心理カウンセラーです。看護師です。 健康経営アドバイザーです。ストレスチェックコンサルタントです。それを聞いただけで仕事の依頼が来るはずないんです。 この人で大丈夫かな?この人ちゃんとしてくれるんだろうか? そう思うのが普通です。ビジネスはシビアです。 選ばれる人になる。信頼される人になる。そのために、、、
みやものつぶやき · 2018/11/04
カウンセリングをしていて思います。 『 話すことは、つらい思いを放すこと 』 【放す】とあえて書きました。 【離す】ではないんです。 【離す】は、距離をはなします。 【放す】は、解放。握ったりつかんだりしているのをやめること。 つまり、カウンセリングでつらい思いを解放する、手放(てばな)すんです。 カウンセラーはアドバイスはしません。自己解決力を信じているからです。 クライエントは解決する力を持っている。その力が悩んでいることで見えなくなっている。 カウンセラーは見えるように心のフィルター、心のブロックを解いてあげている。ただそれだけなんです。 安心して気持ちを話せる。ありのままに受け入れてもらえる。 取りつくろうこともなく、否定されることもなく、そのまま受け入れてもらえる。 実は会話は話し手が主導権を握っていないんです。 聴き手が主導権を握っています。 人は聴いてくれるから話すんです。
みやものつぶやき · 2018/11/03
わかっていても、出来ない。 そこにどんな心理が働くのでしょう。 実はそこには自信がないからです。 方法はわかっているんです。 つまり、出来ないのではなく、やらないのです 実は科学的にも立証されている事。 物事を理解することと、行動することとは、使用する神経回路が違うのです。 もっと言えば、苦痛から逃れようとする反応が癖となっているだけなのです。 ならば、解決方法は簡単です。
みやものつぶやき · 2017/11/01
11月1日。私は株式会社メルを設立しました。 翌日、私はこの澄みきった清流で手を浄めました。 そして。 神様の前に立った時、やわらかな風が舞い、祝福されたような、あたたかさを感じました。 この感動を、今の初心を忘れない❗ ナースの視点を併せ持ち、心に寄り添う支援をしていく、健康経営支援事業。