· 

健康経営が会社や仕事に与える効果

 

 

 健康経営とは、企業の将来的な投資です。

 

 社員に戦略的・計画的な投資を行うことで、会社と従業員の関係を良好に保ち、お互いの間にプラスのサイクルを生み出します。

 

 

 

健康経営が会社や仕事に与える三大効果

 

その1 社員の生産性向上

 健康状態が安定していると、社員は業務に対してより集中力を発揮できるようになります。これによって、ミス発生の減少や作業スピードの向上といった、業務における生産性向上が期待できます。

 

その2 コストダウン

 社員の健康増進を図ることによって、病気やケガを防ぐことが可能になり、結果医療費の企業負担額減少につながる効果が期待できます。

 

その3 企業のイメージアップ

 労働条件の是正や就業環境の見直しなどが注目される昨今、健康経営に取り組む企業は金融機関や投資家からの評価が得やすいと言えるでしょう。

 採用面でも、整備された就業環境や福利厚生は魅力ですし、いわゆる「ホワイト企業」として魅力付けされ、人材が集まりやすくなります。

 

経済産業省では、健康経営の効果を以下のように仮定しています。

  1. 個人の心身の健康状態が改善され生産性があがること
  2. 組織の雰囲気が変わること
  3. ブランド価値が上がること

 

 生産性向上について、少ない労働人口のなかでいかに生産性を上げ利益を出していくかという点に関しては、どの企業も経営課題の一つになっているかと思います。健康経営では、社員の健康増進によって集中力向上とともに業務効率化が進み、会社全体の生産性が高まるという効果が期待できます。

 また、長時間労働の是正や時短勤務制度の導入、多様な休暇制度の策定等によって社員のモチベーションを高め、組織全体の雰囲気が変化し、事業における積極性を高めるということも目指せます。

 

 さらに、社員の健康増進や働き方の改善に取り組む姿勢は企業価値を高め、ブランドやイメージUPにつながるという効果も期待できます。