· 

実践しよう!健康経営

 

健康経営は1980年代に米国の経営心理学者ロバート・ローゼン氏によって、「健康な従業員こそが収益性の高い会社をつくる」という“ヘルシー・カンパニー”思想が提唱されたことが発端となりました。

 

 

従業員の健康と経営利益アップとの関連性が大いにあることで、健康経営は単なる医療費削減にとどまらない効果があることがわかってきました。

 

 

さらに健康経営を実践することによって、より優秀な人材確保、離職率の低下も効果としてあることがわかりました。

 

健康経営を実施することによる企業のイメージアップ効果は絶大です。

 

済産業省から「企業理念(長期的なビジョンに基づいた経営)」が示され、従業員の健康増進こそ、組織の活性化につながり、企業の生産の向上につながることが示されています。

 

実践しよう!『健康経営』 従業員の健康が、経営促進に繋がる! 従業員の健康が経営促進に!