· 

離職率改善対策

 

 

現在、様々な業界で人手不足が叫ばれています。

人手不足が蔓延している中、企業としては人材確保が急務です。

しかし、人材を確保しても、離職されては意味がありません。企業は人材確保だけでなく、離職率改善も重要なのです。

企業がやるべき離職率改善対策はたくさんあります。

 

 

なかでもおすすめなのが、健康経営による離職率改善対策です。

健康経営とは、企業が従業員の健康管理を経営的な視点から考え、戦略的に実践することです。

もっとわかりやすく言えば、企業が従業員の健康をサポートすることです。

健康経営をすることで、企業価値の向上や生産性アップが期待できます。

それだけでなく、従業員の健康増進によって、国民医療費の削減が実現することができ、社会貢献にもつながるのです。

健康経営が注目される理由としては、ストレスチェックの存在が大きいです。

2015年12月から、50人以上の労働者がいる会社に対し、ストレスチェックの実施が義務化されました。ストレスチェックの対象は常時使用する労働者であり、企業は1年に1回の実施が義務付けられています。

ストレスチェック義務化は、メンタルヘルス不調を未然に防ぐことにつながります。

 

そこから転じて、健康経営にも注目が集まるようになっているのです。健康経営は、離職率改善の対策として有効です。

なぜなら、従業員の健康を保つことで、離職率を低下させることにつながるからです。

仮に本人に働く意思があっても、労働環境のせいで体を壊してしまえば、退職や休職してしまいます。

その結果、従業員の定着率を下げ、離職率が高くなってしまうのです。

健康経営によって、従業員の健康をサポートすることで、働きやすい環境を整備することにつながり、離職率の改善につながるのです。
 

社員のことを考え、「健康管理」「メンタルヘルス対策」「健康増進」に取り組みましょう!

健康経営を取り入れる際には、ストレスチェックを利用し有効活用するのがおすすめです。

もともとストレスチェックは、メンタルヘルス予防のために義務化されました。そのため、ストレスチェックは健康経営に役立てることができます。

上手にストレスチェックを利用しながら、健康経営を実現させましょう。