健康経営施策の新たな展開
健康経営度調査とは、法人の健康経営の取組状況と経年での変化を分析するとともに、「健康経営銘柄」の選定および「健康経営優良法人(大規模法人部門)」の認定のための基礎情報を得るために実施している調査です。 「健康経営度調査」は、単純に「健康経営銘柄」の選定及び「健康経営優良法人(大規模法人部門)」の認定に活用されるだけではありません。 健康経営度調査は専門家による委員会において策定されておりますので、「健康経営について興味を持ったが何から始めれば良いのか」といった課題を持つ企業にとっては、まずこの健康経営度調査に回答することで、健康経営を実践するにあたって何が重視されるのか、何からどのように取り組めば良いのかがわかります。

講演「健康経営のメリットと実践ポイント」
石川県中小企業団体中央会 トイロ石川85 8月例会において「健康経営のメリットと実践ポイント」と題し、講演を致しました。参加者は各企業の会長様や社長様です。感染対策を徹底し実施致しました。 「なんとなくでしかわかっていない健康経営やったけど、丁寧に教えてくれた。」 「健康管理は個人の心がけ次第やと思ってたけど、大事な社員が倒れたら会社も確かに大変になる。コロナ禍でさらに痛感しているから、ためになる話やった。」 石川県内で発行されている健康経営宣言においても紹介し、

令和3年度オレンジカフェきしかわ
令和3年7月28日塚崎町にあるピースフル森本Luna(家族葬専用×邸宅型)で感染対策をしっかり行い、無事開催することができました。まん延防止等重点措置区域適用区域に金沢市が適用される前でよかったです。 3年ほど前にも包括支援センターきしかわ様よりお声かけしていただき、その時は「認知症にならないために~出会いの場が気づきの場へ」と題してお話させていただきました。あの頃はこんなマスクなんてしなくてよかったのになぁなんて振りかえりつつ、今回は「認知所予防と支援~心と体のととのえ方~」と題して気分をリフレッシュするためにも運動も取り入れて1時間たっぷり質問バンバン受けながらお話させていただきました。 予想人数をはるかに超える方々に来ていただき、多めに資料を作って

自販機+フードコーナー
顧問契約企業様に定期訪問にお伺いした時の事、いつものように投函型相談「お悩みレスキューBOX」の回収に食堂に入ったらなんとボスマートがありました。「先週から入ったんですよ~。自販機にパンやお菓子やカップ麺が選べるんです。めっちゃ便利です。」これはうれしいですね。さすが健康経営優良企業に表彰された企業様です。

令和3年度 新任健康推進委員研修会
金沢・健康を守る市民の会が主催の令和3年度「新任健康推進委員研修会」の受付・会場準備に協力してきました。 金沢歌劇座2階大集会室で各校下より新任された健康推進委員が、新型コロナウイルス感染症対策の下「健康推進委員の役割と金沢・健康を守る市民の会について」の説明を受け、「新しい生活様式下でのフレイル予防」講話と簡単な実技も交えての研修会を受けました。 運動普及推進員の紺色ポロシャツのユニフォーム。なんだかとっても

金沢市女性安心生活支え合い支援事業「つながりサポートプロジェクト金沢」
コロナ禍において様々な困難を抱えた女性について、居場所の提供及び生理用品等の提供などの取組の実施により、当該女性が社会との絆・つながりを回復することを目的に金沢市より委託された「つながりサポートプロジェクト金沢」は、令和3年5月に立ち上がりました。「宮森さん、ちょっと議長室顔出せない?」一本の

令和3年度版産業保健関係助成金情報
独立行政法人労働者健康安全機構のHPに令和3年度の産業保健関係助成金情報が掲載さております。 令和3年度は、従来の「ストレスチェック助成金」「職場環境改善計画助成金」「心の健康づくり計画助成金」「小規模事業場産業医活動助成金」「治療と仕事の両立支援助成金」「副業・兼業労働者の健康診断助成金」に加え「事業場における労働者の健康保持増進のための指針」の改正を踏まえて

がんとむきあう会の通信が更新「まなびの教室講話」
2021年4月3日土曜日 満開の桜で快晴のとても気持ちの良い金沢。新型コロナウイルス感染症の影響で一年超しとなった今回の企画。がんとむきあう会・元ちゃんハウスまなびの教室での講話の様子が掲載されている「がんとむきあう会通信4月の元ちゃんハウス」が2021年5月21日発行されました。 (株)メルを起業する前の半年間

「健康経営優良法人2021」認定法人が決定しました!
健康経営優良法人認定制度とは 健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議※が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を日本健康会議が認定する制度です。 健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目的としています。 また、本制度は、日本健康会議の「健康なまち・職場づくり宣言2020」の宣言4「健保組合等保険者と連携して健康経営に取り組む企業を500社以上とする。」及び宣言5「協会けんぽ等保険者のサポートを得て健康宣言等に取り組む企業を3万社以上とする。」を達成するための一助となることも目的としています。 第5回目となる今回、「健康経営優良法人2021」として、

企業向け新型コロナウイルス感染症対策情報「新型コロナウイルスワクチン」
健康経営を宣言されている経営者・総務人事担当者のみなさま、新型コロナウイルスワクチンに関する情報を従業員に周知していますか?従業員が正しい情報に基づきワクチン接種を検討できるよう情報提供を行い、実際にワクチン接種を受けるにあたり、具体的な対応の準備をしましょう。

さらに表示する