会社の元気は従業員の健康から

お知らせ

健康経営とは?

健康経営とは、従業員の健康管理を経営的な視点で実践していく経営手法のことです。
『生産性の向上』『離職率の低下』『企業イメージアップ』といった効果が期待できます。

なぜ健康経営に取り組むのか?

単に従業員の身体の健康維持ということだけではなく、一人一人がやりがいを持って活き活きと働き、活力ある職場を作っていくことを目的としているからです。

株式会社メルの強み

健康維持、セルフケア、保健指導、医療などの各ステージに対応した予防、ケアサービスを一貫して提供しています。対象者の状況に合わせて最適なサービスを提供できるため、高い効果が期待できます。

 

株式会社メルはメンタルヘルスケアサポートを主軸とした健康経営支援事業を行っています。生産性向上のためのメンタルヘルスサポートは「心」の福利厚生としてとても有益ですが、健康経営は経営戦略です。コロナ禍で、健康経営をしている会社とそうでない会社の、従業員への想いが見えやすくなったと言われています。ウィズコロナのこれからの時代だからこそ、自社の健康課題を正しく捉えて適切な目標設定を行う、健康経営が求められています。

 

 

株式会社メルは、従業員の方々はもとよりそのご家族そして地域の人々により一層愛される企業となる お手伝いをしています。

 

   健康経営お役立ち情報メールマガジン登録▶

2021年健康経営優良法人の認定企業は5年間で15倍以上と右肩上がりで増加し続けています。 多くの企業が健康経営に注目し取り組みを強化しており、すそ野が急速に広がっています。健康経営の足元の動向として経済産業省は、企業の健康経営の取組みの偏差値開示や業界比較を検討しています。そこで株式会社メルは健康経営支援のより良いサービス提供を行うため、株式会社フェアワーク様と紹介契約を締結しました。



(株)フェアワーク「FairWarksurvey」でデータの推移を確認し健康経営施策の効果検証管理しませんか。

従業員が仕事を通じてどのくらい幸せを感じているか、などを知ることで組織全体が目指す方向性が見えてきます。

その他、健康経営ならびに生産性向上に繋がるプラスの効果が期待されます。詳細はお気軽にお問い合わせ下さい。

健康経営支援の流れ

健康経営支援内容


STEP1:無料診断


健康経営エキスパートアドバイザーがヒアリングを行い、健康経営診断を致します。経営者の想い・要望・悩み、職場の健康課題、健康経営に取り組む理由やチェックリストに基づき、課題の抽出を致します。


STEP2:ご提案


健康経営診断報告書にて総評及びヒアリング結果、並びに、貴社の現状・課題及びご提案を致します。改善に向けたご提案から有効な公的支援メニューや活用ツールもご紹介致します。健康経営診断をぜひ有効活用して下さい。


STEP2:ご契約


診断結果を踏まえ、サポートが必要とご判断された場合は、貴社に寄り添ったプログラムをご契約下さい。健康経営の実現とPDCAサイクルを展開し、健康経営宣言の有言実行を致しましょう。 



STEP3:研修開催


・メンタルヘルス研修

・ハラスメント研修

・健康リテラシー向上研修

 ・アンガーマネジメント研修

・マインドフルネス研修

・アサーション研修

・課題レポート研修

・熱中症対策研修

その他ご要望にお応え致します。


STEP3:ヘルスサポート


健康経営において従業員の健康診断受診率は必須項目です。かけがいのない従業員の健康を守るためにも、健診のすすめと健診結果による個別指導は大切です。個別指導をピンポイントで行う事により働きがいを生きがいにするサポートになっています。


STEP3:休職復職サポート


メンタルヘルス不調となり、休職および復職において、時間だけが解決するものでもありません。メンタルにもリハビリが必要です。外部機関だからこそ出来る職場定着までのサポートを行っています。とても有効な手段であると高評価を得ています。



STEP3: 治療と就労の両立支援 


厚生労働省の事業場における治療と仕事の両立支援のためのガイドラインに従い、コーディネートを致します。

がん・糖尿病・脳卒中に罹患、メンタルヘルス不調者が対象です。


STEP3:ストレスチェックサポート


特にストレスチェック回答後から開始となる個別相談は大変好評です。ストレスと向き合ったことで生じるもやもや感などを産業カウンセラーが相談者の話を傾聴する事でストレス軽減となり、産業医による面談のワンクッションともなっています。


STEP3:長時間労働者サポート


時間外・休日労働時間が月45時間超の者が対象です。厚生労働省の「労働者の疲労蓄積度自己診断チェックリスト」により、勤務状況の把握、疲労の蓄積状況の把握、心身の状況の把握を行い、仕事による負担度を判定し、産業カウンセラーが面談致します。


メンタルヘルス対策にて快適職場の維持向上を目指す!

職場がイライラしている原因を探る

 社員の自主性が向上する  

チームワークの向上プロ意識が芽生える 


お客様の声

  • 現場をささえる社員が元気になりました。
  • 職場のコミュニケーションが増え、職場風土が良くなりました。
  • 社員の仕事に対するモチベーションが上がり活気が出てきました。
  • 社員一人ひとりのリーダーシップが向上しました。
  • 会社理念を意識するようになり仕事に対する姿勢が変わりました。 
  • 健康面心理面のサポートにより社員の欠席率が減りました。
  • 新入社員が定着するようになり、よい即戦力となっています。
  • 長期的な離職率低減が実現しました。  

健康経営 抑えておきたい3つの成功のポイント

①健康についての認識を見直す

自分が健康なときは、食事管理や運動などの予防・健康管理を継続して行う意識が弱くなる傾向があり、健康の重要性について失うまで気づかないことが多いようです。健康についての認識を見直すきっかけを与えましょう

②健康管理=自己責任に踏み込む

健康管理=自己責任という風潮がありますが、大切な社員が突然病気で倒れるなどがあると、会社の損失にも大きく関わります。

③行動変容ステージモデルにあわせる

心も体も健康になるために、健康的な行動を習慣づける取り組みが健康経営の核になります。